2008年01月13日

アレクサンデル・ムニョスの戦跡

2002年3月9日、セレス小林と対戦、セレスから計5度のダウンを奪い8RTKO勝ち、WBA世界スーパーフライ級王者になる。

2002年7月31日、小島英次と対戦、わずか2RでのKO防衛に成功した。

2003年10月4日、本田秀伸と対戦、本田の見事なディフェンスにより、それまで続けていた連続KO勝利のレコードが止まってしまう。しかし圧倒的な手数と優勢に試合を進めて判定勝ちを収める。

2004年1月3日、小島英次と再戦、10RTKO勝ち、3度目の防衛に成功。

2004年12月3日、暫定王者マルティン・カスティーリョと王座統一戦、この試合でムニョスは、人生で初のダウンを喫し、12R判定負けで、自身のパーフェクトレコードに土をつけると同時に、2年9ヶ月守り続けてたベルトも失った。

その後再起し、地域タイトルを獲った後、2006年1月21日、カスティーリョと再戦する。しかしこの試合もカスティーリョを倒せず、12R判定負け。

ちなみに2度目の防衛戦はトリプル世界戦のカードの一つであり、ほかにはWBA世界バンタム級暫定王者決定戦「戸高秀樹VSレオ・ガメス」やWBC世界バンタム級「ウィラポン・ナコンルワンプロモーションVS西岡利晃」と豪華なカードが組まれていた。

2007年5月3日、名城信男の持つWBAスーパーフライ級王座に挑戦し12回判定で勝利し、2年半ぶりの王者に返り咲いた。なおこの試合もトリプル世界戦で、他にWBC世界バンタム級「長谷川穂積VSシンピウェ・ベチェカ」、WBA世界スーパーフェザー級「エドウィン・バレロVS本望信人」が行われ、注目を集めた。

2007年9月24日初防衛戦で相澤国之の挑戦を受け、3-0の判定勝ちで退けて防衛に成功し、自身通算4度目のWBA世界スーパーフライ級王座防衛を果たした。

2008年1月14日、横浜文化体育館で元WBC世界スーパーフライ級王者川嶋勝重と対戦。自身にとっては7度目の日本での試合となる。
posted by ムニョ at 06:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレクサンデル・ムニョスとは?

愛称:エクスプローシボ(爆薬)
階級:スーパーフライ級
国籍:ベネズエラ
生年月日:1979年2月8日
出身地:ベネズエラ、ボリバル
スタイル:オーソドックス


アレクサンデル・ムニョスは、現世界スーパーフライ級王者である。アマチュア時代には172戦163勝129KOという驚異的な戦績を誇り、1998年にプロデビューした。

デビュー以来23連続KO勝利の記録を作った、ファイター型のボクサーである。

日本には5度来日している。
posted by ムニョ at 06:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川嶋勝重の戦跡

1997年2月20日、2RKOでプロデビューを勝利で飾る。
同年11月、東日本スーパーフライ級新人王獲得。全日本新人王は、中野博に敗れ戴冠ならず。

2000年12月11日、東洋太平洋スーパーフライ級王者ジェス・マーカ(フィリピン)に挑戦するも、12回判定負けで王座奪取ならず。

2001年8月27日、元WBA世界スーパーフライ級王者ヨックタイ・シスオー(タイ)とのノンタイトル戦に10回判定勝ち。世界ランク入りを果たす。

2002年4月20日、佐々木晋吾(木更津グリーンベイ)を10回判定(2-1)に下し、第25代日本スーパーフライ級王座獲得。1度防衛後タイトル返上。

2003年6月23日、世界初挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者徳山昌守(金沢)に挑むが、12回判定負け(0-3)を喫し、世界王座獲得ならず。

2004年6月28日、徳山に再挑戦し、1回1分47秒TKO勝ち。王者のV9を阻み、悲願のWBC世界スーパーフライ級王座獲得。以後2度防衛。

2005年7月18日、3度目の防衛戦で徳山と3度目の対戦。最終12回にダウンを奪った以外は見せ場らしい見せ場を作ることが出来ず、結局12回判定(0-3)負け。前王者の王座奪回を許す。

2006年9月18日、WBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦で同級4位のクリスチャン・ミハレス(メキシコ)と対戦。2回にダウンを奪うものの、12回判定負け(1-2)を喫し、世界王座返り咲きならず。試合後、現役引退を表明した。

2006年10月19日、前戦の小差判定に「軽率に引退を口にしたが、あの1ポイントの悔しさが込み上げてきた」と引退を撤回、ミハレスとの再戦を要望。

2007年1月3日、WBC世界スーパーフライ級王者ミハレスと再戦。前半はミハレスがアッパーを巧打し、川嶋がボディブローで押し返すという展開だったが、10Rに川嶋はダウン気味のスリップを奪われ、立ち上がったところで連打を纏められてTKO負け。世界王座の奪還はならなかった。

2007年6月4日、一度は引退を表明したものの再度復帰。3RでKO勝ち。

2008年1月14日、横浜文化体育館でWBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)に挑戦予定。
posted by ムニョ at 06:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川嶋勝重(かわしま かつしげ)とは?

生年月日:1974年10月6日
出身地:千葉県市原市
身長164cm。
プロデビュー:1997年2月20日
階級:スーパーフライ級
得意パンチ:右フック
勝敗:38戦32勝(21KO)6敗



ボクシングの元WBC世界スーパーフライ級王者(第17代王者)。
千葉県長南高等学校(現茂原北陵高等学校)時代は野球部に所属。
卒業後、地元の企業に就職するが、友人のボクシングの試合を観戦し、感動したのを機にプロボクサーになることを決意した。

1995年に元WBC・WBA世界ミニマム級王者の大橋秀行が会長を務める大橋スポーツジムに入門。
トレーナーは元OPBF東洋太平洋フェザー級王者の松本好二。夫人はジムの練習生だった。
posted by ムニョ at 06:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。